- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

三船美優「喫茶Miyu」

4名無しさん@おーぷん :2018/11/09(金)23:33:12 ID:2sE()
P「そういえば、ウチのみんなが美優さんの行方を知りたがってましてね」
美優「あら、そうなんですね。よかったら、これを」
P「名刺、ですか……スカウトした当時を思い出すなぁ」
美優「そうですね……ふふっ、あのときとは逆ですし、ヒールも折れてないですけど」
P「あはは、懐かしいなぁ……では、ありがたく頂いておきます。
――おっと、すみませんが、そろそろ行かないと」
美優「はい、また来てくださいね」
P「ぜひ!美優さんがいるから、っていうことではなくて、
コーヒーが美味しいお店として、また来ます」
美優「ふふっ、ありがとうございましたー」
私は彼を見送って、コーヒーカップを下げます。
洗い物をする音以外は古ぼけたスピーカーからBGMが流れるだけ。
こうして、私のマスターとしての時間が過ぎていくのです。
このレスの続きを表示(10件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





三船美優「喫茶Miyu」
CRITEO