- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

P「依頼を引き受ける」【閲覧注意】

1xwpTP4q98w:2018/11/08(木)16:21:29 ID:tTu()
始めに
・台本形式とか古いぜ
・安価スレはちょっと……
・アイドルがひどい目に遭うのは堪えられない
・アイドル警察だ!
という方は引き返す事を推奨します

また、これは以前のスレが見つからなかったので建て直しの形をとっています。ご了承下さい。


では始めていきたいと思います
41xwpTP4q98w :2018/11/19(月)13:58:27 ID:jnd()
あれ、なんか新機能が付いたぞ?
42xwpTP4q98w :2018/11/19(月)17:45:58 ID:jnd()
良い苦無機能を使ったものを考えてみる
時間のところにコンマがないから困ってたの
43【28】 :2018/11/19(月)17:58:34 ID:425
コンマなら名前欄に!randomっていれると出るらしいけどね
44【25】xwpTP4q98w :2018/11/19(月)20:52:27 ID:jnd()
>>43
なんだって!それは本当かい!?
45名無しさん@おーぷん :2018/11/19(月)21:01:37 ID:JwX
名前のところの【】内の数字だね
46xwpTP4q98w :2018/11/19(月)21:09:10 ID:jnd()
小鳥「ンーフフーアイムレイディー♪」

小鳥「歌ーをうーたーウォー」

響「おはようだぞ」

小鳥「響ちゃん。こんな朝早くにどうしたの?」

響「これ」

小鳥「それは転居届け。ということは……」

響「引っ越す」

小鳥「今のところはもういいの?」

響「いいから引っ越すんだぞ。最近トラブル多いしもうやってけない」

小鳥「そう。じゃあ受理しておくわ。引っ越し先が決まったら連絡するわ」

響「引っ越し先はもう決まってるんじゃないのか?」

小鳥「希望者の数によって変えるのよ。うちみたいな小さいところはお金が一番の問題になるの」
47xwpTP4q98w :2018/11/20(火)13:58:17 ID:4qS()
響「もうけたお金はどうしたんだ? 結構仕事入ってウハウハ?とかいってたぞ」

小鳥「誰よそんなこと言ったの。あのお金ならビル詐欺にあってなくなったわ」

響「それじゃなくてほら去年の暮れのだぞ。結構な額って聞いたから実感あるくらい変化してるはずだぞ」

小鳥「会社のお金と言っても自由に使える訳じゃないの。あと、それならシアター建設に使ったわよ?」

響「え?」

小鳥「ティンと来た!!とか言ってね。ビックリマーク2つよ、2つ」

響「よく律子が許したな」

小鳥「そういう説得は得意なのよね。というかなんでいつも何かする前は私に連絡が来るのかしら」

響「だから実感がなかったのか……」

小鳥「まぁ、そんなわけだから部屋が決まったら連絡するわね」

響「うん」

小鳥「あ、響ちゃんにはみんなより先に連絡が行くかもしれないから注意して」

響「ん?」

小鳥「ほら、響ちゃんには家族がいるじゃない? 家族ごと大丈夫かとか後々の事もあるの。それで」

響「わかったぞ。じゃあ待ってるな!」

小鳥「はーい」

響「それじゃお仕事行ってくるぞ!」

小鳥「行ってらっしゃーい。さてと……」
48xwpTP4q98w :2018/11/20(火)14:49:59 ID:4qS()
響「あれから2日。案外連絡来るの早かったぞ」

ハム蔵「ぢゅーぢゅっぢゅ」

響「ん? おっ。あれがそうだな」

ハム蔵「っぢゅ」

響「うおっ、結構おっきいぞ……」

ハム蔵「ぢゅ!」

響「そ、そうだな。気負っちゃダメだぞ。よ、よーし……たのもー!!」

ハム蔵「ぢゅー!」

響「……あれ?」

ハム蔵「ぢゅっぢゅ」

響「あそこのパネルで操作するんだな。えっと……」

ハム蔵「ぢゅ?」

響「わ、わからないことないぞ。わかってるぞ、わかってる」

ハム蔵「ぢゅーぢゅー」

響「あ、ハム蔵!? メチャクチャに押しちゃダメ……!」

ハム蔵「ぢゅぢゅ」

響「あ、開いたぞ……」

ハム蔵「ぢゅ」

響「う、うん。えっとたしか部屋番号は……」
49xwpTP4q98w :2018/11/20(火)14:50:17 ID:4qS()
響「お、おじゃましまーす……」

ハム蔵「ぢゅ~」

P「こんにちは」

響「こ、こんにちは……だぞ」

ハム蔵「ぢゅ」

P「話は聞いてると思うけど私は」

響「待って! 思い出す。思い出すから!」

ハム蔵「ぢゅぢぢゅ」

P「……」

響「えっと、小鳥の恋人じゃなくて、清掃の人……でもなくてえっとたしか、小鳥と一緒にいた……律子ともいたな、えっと……」

P「……」

響「出入り業者の人!」

P「それでいい」

響「じゃなくて社長の知り合いだぞ。うん、そうだぞ、きっとそうだぞ」

P「話は聞いてると思うけど私が君の同居人だ」

響「たしか自分が未成年だから一人で部屋を借りられないから、だっけ?」

P「それとカモフラージュも含めて」

響「うぅ~記憶力鍛えたのにこれじゃダメだぞ……」
50xwpTP4q98w :2018/11/20(火)14:50:36 ID:4qS()
ハム蔵「ぢゅー」

響「ん? あ、そうか。なあなあえっと……」

P「好きに呼んで良い」

響「じゃあプロデューサー」

P「プロデューサーじゃない」

響「好きに呼べって言ったのはそっちだぞー!」

P「それで用事はなんだ?」

響「引っ越し作業についてなんだけど、数日かけるけどいいか?」

P「理由は?」

響「というのも自分の家族についてなんだ。自分はその、なんていうか大家族なんだ」

P「大家族?」

響「いわゆるその……ペットってやつだぞ。それが多くてな。引っ越すときに部屋に入れる順番が決まってるんだぞ」

ハム蔵「ぢゅ」

響「中には慣れるまでに数日かかるのもいる。臭いとか。あ、ちなみに香水とか使う? 使うなら気を付けてほしいぞ」

P「使わない」


響「そっか。あ、臭いには気をつけてほしいぞ。それでまずはこのハム蔵から連れてきたんだ。ほらハム蔵、自己紹介」

ハム蔵「ぢゅ」

響「え? 見知った仲だから必要ない?」

P「何度か事務所を案内してもらった事がある」

響「知らなかった……」

ハム蔵「ぢゅぢゅっぢゅっぢー」

響「そんなことより引っ越し作業だ? 自己紹介は大切だぞ。第一印象を知ってもらうために……」

ハム蔵「ぢゅっぢゅっぢゅっ」

響「う、受け売りじゃないぞ……!」

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





P「依頼を引き受ける」【閲覧注意】
CRITEO