;
 - -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

三船美優「Pさんと一緒にケーキを食べに行くんです…!」

1Kr.22uZI4M:2018/10/11(木)05:05:31 ID:zmS()
美優「はい、Pさん、あーん…です…///」

P(目の前にはケーキをすくって俺の口の顔の前に持ってきている美優さんが)

美優「その…照れないでください…///」

P(そうはいってもこれハッキリ言ってかなり恥ずかしい!)

美優「ほらPさん…」

P(そもそもなんでこんな状況に…?)
 
+0
-0
4Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:08:26 ID:zmS()
美優「心さんだけずるいです…私もPさんにあーんってしてもらいたいです…」

心「てか思ったんだけどさ~、別にはぁとがPにあーんってしてもらってもいいじゃん?」

心「別にPは美優ちゃんのものじゃないんだし」

美優「……………」ズーン

心「あ゛」

美優「そうですよね別にPさんは私だけのPさんじゃないんですよねいいんです分かっていたんですPさんの周りにはたくさんの可愛い女い子がいますし
Pさんだって私なんかじゃなくてもっと若い子のほうが好きかもしれないですねいつも私のこと気にかけて優しくしてくれるのだって別に私だからってわけじゃなくてほかの子にも…」ブツブツ

心「悪かった☆悪かったから!」

美優「はぁ…Pさん…」ズーン

心「分かったから!はぁとが美優ちゃんとPが一緒にスイーツ食べにいけるよう予定取りつけといてやるから!だから機嫌直して!」

美優「…本当ですか?」パァー

心「そのかわり上手くやるかは美優ちゃん次第だぞ☆そこまで面倒見ないからな☆」

美優「心さん…ありがとうございます…!」

心(本当は面白そうだからこっそり見に行くけどな☆)
5Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:09:22 ID:zmS()
美優(というわけで私はPさんと一緒にケーキを食べに行くことになり)

美優(そして今日…)

美優「はい、Pさん、あーん…です…///」

P「み、美優さん!?」

美優「心さんとは、こうやって一緒に食べたって聞きました…」

美優「だから私も…」

P「いやあれはですね…」

美優「私とは…ダメなんですか…?」

P(……ここで拒否したら美優さんが悲しんでしまう!…ここは覚悟を決めるんだ!)

P「分かりました…それじゃあ…お願いします…!」

美優「では…はい、あーん…////」

P「……………」パクッ

美優「……………/////」

P「……………/////」

美優「その…なんとか言ってください…///」

P「いえ…これ…かなり恥ずかしいですね…」

P「でも、こうやって美優さんに食べさせてもらえたのはとても嬉しいですよ…」

P(味なんて全く分からないけど)

美優「Pさん…」

美優「ふふ、じゃあもう一口…♪」
6Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:09:43 ID:zmS()
美優「その…Pさん…」

美優「私も…Pさんに…食べさせて欲しいです…私にも…お返しをください…」

P(なんとなくそう来る予感はしていた)

美優「……………」

P(ここまで来てやらないわけにはいかないよな…)

P「その…はい、美優さん」

美優「……………」あーん

美優&P「……………////」
7Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:10:22 ID:zmS()
P「でも、こういうの、いいですね」

美優「え?」

P「美優さんと一緒にこうしてのんびり甘いものを食べるの、なんだか落ち着く感じですよ」

美優「Pさん…」

美優「私も、Pさんと一緒で嬉しいです…」

美優(大切な人と一緒に何かを食べるのって、とっても幸せな気持ちになるんですね…)
8Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:10:47 ID:zmS()
~そしてしばらくして~


美優「ケーキ…なくなっちゃいましたね…」ショボーン

P(美優さん、ほとんどの分を俺に食べさせてたから、自分ではほとんど食べてないからなあ)

P「美優さん!もう一個頼んじゃいましょう!俺のおごりです!」

美優「いいんですか?」パァァ

P(美優さんの笑顔…かわいい…)

美優「はいPさん、あーん♪」

P「って美優さんが食べるんじゃないんですか!?」

美優「いえいえ私は」

美優「今日はものすごくお腹いっぱいになれましたし…♪」ボソッ

P「?」

美優「いえ、こっちの話です…」

美優「でもPさんがそういうなら、もうちょっとだけ食べちゃいましょうか」

美優「というわけで…」

美優「あーん♪」
9Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:11:10 ID:zmS()
美優「その…また、Pさんと一緒に来たいです…」

P「はい、また一緒に…来ましょうね!」

美優「ふふっ、約束ですよ?今日だけじゃなくて…来年も、再来年も、ずっと…」
10Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:11:32 ID:zmS()
~一方その頃~


心「ほらほら飛びださない☆これ以上近づいたら普通にバレるぞ☆」

留美「だって…だって…!」

心(マジ大暴れしそうな勢いだわー☆)

心「いーじゃん☆留美ちゃんはPと二人でバッセン行ったりしてるんだろ?」

留美「それとこれとは話が別よ!」

留美「私も!私も今度絶対あーんってしてもらう!してもらうんだから!」ウワーン

心(Pも前途多難だねぇ…)


☆おしまい☆
11Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:11:52 ID:zmS()
おまけ


一体なんの思い付きかPにラブレターを書くことになった美優、留美、瞳子のバレンタイン反省会の3人
この3人が集まって普通の手紙になるはずもなく…?
受け取ってください…!
想いが詰まったラブレター?重いが詰まったラブレター?
次回「ラブレター反省会」
12Kr.22uZI4M :2018/10/11(木)05:12:59 ID:zmS()
冒頭のほうで反省会のほうの美優さんの性格が混じってしまった…
過去作もお願いします


三船美優「絶対特権主張したいです…」

三船美優「Pさんに手作りチョコを渡すんです…!」

三船美優「勇気の魔法」

三船美優「バレンタイン反省会反省会…?」

三船美優「お花見反省会…?」

三船美優「バレンタイン対策会…!」

三船美優「七夕の夜」

三船美優「バレンタイン反省会座談会…?」

三船美優「バレンタイン反省会熱中症対策会…?」
13名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)09:02:53 ID:Pk1


でも佐藤を選びそうだな
+ の新着レス

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





    三船美優「Pさんと一緒にケーキを食べに行くんです…!」