- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

速水奏「部屋の照明がミラーボールになった」

1名無しさん@おーぷん:2018/09/30(日)21:17:29 ID:EHo()
部屋の照明がミラーボールになった。
私の頭は正常だし、目がおかしくなったというわけでもない。おおよそ一般的に日本語として意味を成していないが、実際に部屋の照明がミラーボールになってる以上こうとしか言えない。
2名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:19:03 ID:EHo()
今日は雑誌の撮影の後にレッスンがあり、一緒にレッスンした加蓮とファストフード店に寄り道していた。加蓮が真面目な顔で芋を育てようと思うなんて言ってたのを聞き流しながら食事を取り、解散して帰路に着いた頃にはもう日が沈んでいた。
今日は疲れたし明日も朝からCAERULAでのレッスンがあるから今日は早く寝ようかな……と思いながら女子寮の自室の部屋のドアを開け、電気を点けるとそこには色とりどりの世界が広がっていた。見たところ赤、オレンジ、黄色、緑、青、藍色、紫の7色。
まるで虹だと思わず笑みがこぼれる。いや、笑ってる場合じゃないのだけれど。でもいつも照明があるところには銀色の球体が光を放っていた。なんなのこれ。
3名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:19:56 ID:EHo()
はじめに思いついたのはイタズラ。

仕掛けそうなのは周子あたりかしら。でもこれはすぐに否定される。

鍵はしっかりかけて自室を出たし、入るときもしっかり鍵を開けた。

合鍵を持ってるならまだしも、そもそも私はこの部屋の鍵を1つしか持ってないし、それは肌身離さず持ち歩いていた。

雑誌の撮影中やレッスンの時間は流石に身につけていなかったけれど、控え室やロッカーなど施錠できるところに鍵は置いてきた。

周囲の目を盗んでこの鍵を盗み、照明をミラーボールに変え、また元の場所に鍵を戻すなんてことは不可能だ。
4名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:20:47 ID:EHo()
次に考え出したのがドッキリ。

どこかの趣味の悪いテレビや雑誌がドッキリと称してプロデューサーさんの許可を取り、ちひろさんか寮母さんにこの部屋の鍵を借りてミラーボールを設置した。

……ありえなくはない。

事実、困惑してるのだしドッキリとしては成功なのだろう。悪趣味極まりないが。

プロデューサーさんがこんなこと許可するとも思えないし杞憂だろうと思い込むのは簡単だ。
だがしかし、事実私の部屋の照明はミラーボールになっていたし突然こうなるわけもない。ドッキリでもないと説明できない。
5名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:21:29 ID:EHo()
このまま困惑する私の姿を取られるのも癪だから隠しカメラや盗聴器みたいなものを探してみたけど一向に見つからなかった。

というかそもそも照明がミラーボールのせいでそんなに明るくないし、いろんな色に照らされるせいで目がチカチカするせいで探しにくいことこの上なかった。

そもそもドッキリだったとするなら見つからないような場所に隠しカメラの類は見つからない場所に置いてあるのが定石だ。こうやって素人が探し回る姿は格好の獲物だったのかもしれない。

してやられたと思いつつもどうしようもできないし、部屋の照明がミラーボールから元に戻るわけでもない。
6名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:22:15 ID:EHo()
誰かに相談する?

「帰ったら部屋が虹の世界になってました」なんて、頭のおかしい人みたいなことは言っても誰も信じないだろう。

この部屋を見せれば一発だが、こんなことになった私の部屋を見せたくはない。文香や美波は信じてくれるかもしれないけど、それ以降彼女達の目に映る私は「自室にミラーボールがある(と自称する)女」となる。

正直痛いし、そんなことは流石に出来ない。
私だって友人から「自室の照明はミラーボールなんだ」と言われれば接し方を変える。
7名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:22:50 ID:EHo()
相談は出来ない。
なら出来ることは傍観。現状維持。

もしドッキリとしてこのまま慌てふためく姿を撮られるのは癪に触る。

なので私の部屋の照明は元からミラーボールですよ、という風に振る舞う。
頭おかしい人かしら?
8名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:23:13 ID:EHo()
結局お風呂に入って寝ることにした。

お風呂の電気は普通でなんとも言えない気持ちになったが、考えるのはやめて電気(ミラーボール)を消しベッドに倒れこんだ。
9名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:23:41 ID:EHo()

ーーーーーーーーーーーー

朝、夢だったんじゃないかと天井を見上げるとそこには悠然としてミラーボールが佇んでいた。

バカじゃないの?
10名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:24:29 ID:EHo()
当然こんな状態で熟睡できるわけもなく寝不足。
これはもう仕方ないので諦め、正直食欲はわかないが朝食を食べに食堂へ向かうとありすちゃんと飛鳥が向かい合って食事を取っていた。
2人は同じCAERULAのメンバー。CAERULAの年少組といったところ。

私は2人を密かにAAコンビ(飛鳥とありすの頭文字がどちらもAという理由)と密かに呼んでいる。

本人達が聞いたら一緒くたにするなと怒られそうだけど。
11名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:24:56 ID:EHo()
「おはよう。隣いいかしら」

「おはようございます。奏さん」

「おはよう。もちろんだ。隣に座るといい」

「じゃあ、失礼して」

そう言って私は飛鳥の隣に座ると飛鳥はフッと鼻を鳴らした。
目の前のありすちゃんがぐぬぬと唸っている。

こういうところがかわいいのよね。
12名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:25:26 ID:EHo()
「周子は?」

「さあ、今日は見かけてないな」

「どうせ寝坊でしょう。朝食が終わったら叩き起こしに行かないといけません」

私たちは同じレッスンを受ける以上、同じような時間に起きて同じように朝食をとるのは当たり前である。

寮暮らしでない文香はともかく、周子をまだ見かけないのはおかしい。
ありすちゃんの言う通り寝坊だろう。
13名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:25:47 ID:EHo()
「ならありすちゃんに任せていいかしら。恥ずかしい話だけれど、まだ準備が万全じゃないの」

「もちろんです!私は既に準備を済ませてますので」

「なに、ボクも行こう。ボクも用意は済ましてあるし1人よりは2人だろう」

「なら2人ともよろしくね」

「ああ」「任せてください!」

まあ2人とも元気ね……頼りになる後輩だこと。
周子は……まあいいわ。
14名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:26:18 ID:EHo()
その後何事もなく食事を済ませ、レッスンの用意をしに部屋に戻った。
結局周子は朝食には来なかった。

部屋に戻るとあいも変わらずあの丸い球体が存在感示していてげんなりしたけれど気に留めても仕方ないので無視して用意を済ませ部屋を出た。
15名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:26:53 ID:EHo()

ーーーーーーーーーーーー

レッスンは何事もなく終了。
結局周子はAAコンビに引きづられてレッスンルームに連れてこられていた。

途中でお腹すいたーんとか言ってたけど、朝食抜きでレッスンなんてすると当然である。

ちなみに文香はしっかり五分前には用意を済ましていた。さすがね。
16名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:28:09 ID:EHo()

ーーーーーーーーーーーー

そのレッスン終わりの午後、私は部屋でベッドに寝転びながら暇を持て余していた。

CAERULAの他の4人は午後に仕事が入っていたけれど私は何もなし。
することもないので帰ってきた。

私だけ仕事ないのか、と思う人もいるかもしれないけど、これはここ最近忙しかった私へのプロデューサーさんの些細な気遣いなのだろう……。

映画館でも寄って帰ってこればよかったかしら。
でも一度家に帰ってゆったりした今、また外出する気にはなかなかなれない。
いつもなら読書をしたり、レンタルショップで借りてきた映画を見るんだけれどもなんとも気が乗らない。

なぜなら「アレ」があるから。
そう、ミラーボール。

存在感のレベルが違う。
まるでうえきちゃん(フレちゃんがいきなり連れてきた謎の植物……植物?)のようである。
17名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:29:16 ID:EHo()
せっかく時間もあるし……というわけでミラーボールの周囲を調べてみることにした。

手頃な椅子を踏み台にして手が届くところまで近づいてみる。
近い(当たり前だけれど)。ぶら下がっている銀色の球体。

その綺麗な球形と明らかな金属感は嫌いじゃないけど、こうやって私の時間を浪費させられるあたりやはり嫌いだ。

おそるおそる触ってみる。

ペタペタ。

固い。そりゃそうだ。

だって金属の塊だし。ペタペタ。
18名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:29:41 ID:EHo()
よく見ると部屋の隅に投影機のようなものがあった。

ミラーボール自身が光を放つわけでもないし当然なのだが、これまで動揺していたためか気づかなかった。

無性に腹が立つ。なにがミラーボールだ。
19名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:30:05 ID:EHo()
どういう仕組みかよくわからないけど、照明をつけるだけでこいつは勝手に動き出す。

ふと、ミラーボールといえばディスコやダンスホールということを思い出す。

本来そういうところにあるものであって、間違っても一般人(アイドルの時点で一般人でないかもしれないがここでは置いておく)の家にあるようなものではない。
20名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:30:44 ID:EHo()
踊ってみる……?

まだ太陽が出てる明るい時間だけども、カーテンを閉めればそれなりの暗さにはなるだろう。

そこにこのミラーボールを加えればいい感じになるのではないか。
21名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:30:47 ID:MWY
AAコンビに藍子も入れてみよう。他意は無いよ?
22名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:31:21 ID:EHo()
ドアの鍵がしっかり施錠されていることを確認し、カーテンを閉め、リモコン(本来はこれで電気が点くはずだが今はミラーボール)で電源を をつけた。

ミラーボールが私の部屋を七色の光で照らす。
昨日は驚きが勝りよくわからなかったけど、冷静になるとミラーボールも綺麗じゃないか。悪くない気分だ。
23名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:31:44 ID:EHo()
そのままぼーっとミラーボールとその映し出す景色を眺めていると携帯のコール。

あわててスマホを手に取ると伊吹ちゃんからの電話みたいだった
24名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:32:54 ID:EHo()
「もしもし」

「もしもし奏?今日は18時ぐらいに行けばいい?」

「え…?あ……」

「ん?どしたの奏?」

しまった。私としてなんたる不覚。

そういえば今日は伊吹ちゃんと映画を観る約束をしてた日。
私と伊吹ちゃん、涼と小梅ちゃんはよく集まって映画を見る(伊吹ちゃんは映画部と呼んでいる)ことがよくある。

夜通しで映画を見てそのまま止まるのが定番だ。
場所は誰かの家というくらいでどこかはまちまち。
今回はエルドリッチロアテラーの収録があるということで私たち2人だけになった。

私としては嫌いじゃないし、むしろ楽しみにしてたんだけど、この謎のミラーボールのせいで今までてっきり忘れてしまっていた。

観る映画は私と伊吹ちゃんで一本ずつ持ち合うことになっているが、私の持ち寄ろうと思っていた映画はすでに部屋にあるから問題ないけれど問題はこの銀の球体。
これを伊吹ちゃんに見せることになる。

それは嫌だ。

でもなんともできない。
25名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:33:32 ID:EHo()
「……いや、なんでもないわ。その時間で問題ないわよ」

「おっけー!じゃあその時間にお菓子とか色々買ってそっちいくね!それじゃ!」

そう言って伊吹ちゃんは電話を切った。
伊吹ちゃんの元気な声は聞いてて元気が出る。

……さて、どうしようかしら。

とりあえずこのミラーボールの電気?は消しておこう。
26名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:34:02 ID:EHo()
このミラーボールを取り外せたらいいんだけど、そういうわけにもいかない。

取り外し方も知らないし、いくらこんなものと言っても部屋の照明がなくなるのも困る。
部屋が真っ暗だと不便極まりない。

真っ暗の部屋で映画を見るというのもアリではあるだろうけど、私のはともかく伊吹ちゃんの持ち寄る映画にそれは似合わないだろう。
27名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:34:20 ID:EHo()
結局何も出来ないままインターホンが鳴り、伊吹ちゃんが来たことを伝える。
どうしようもないのでそのまま出迎えることにする。

「いらっしゃい、伊吹ちゃん」

「おじゃましまーす!」

元気な声で挨拶した伊吹ちゃんと中へ入る。
28名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:34:52 ID:EHo()
「まだ夕方だし電気つけなくてもなんとか見えるけどやっぱ暗くない?電気つけるよー」

「あっ、ダメ」

「え?」

パチ。

部屋の壁についていたスイッチを押すと私の部屋は再び七色の世界に包まれた。

「うわっ!なにこれ!ドッキリ!?」

「私が聞きたいぐらいよ……」
29名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:35:32 ID:EHo()
それから映画を観始めるわけにもいかず、伊吹ちゃんに事情を説明した。伊吹ちゃんはうんうんと聞いてくれたけど、きっとなに言ってんだこいつとか思ってるのだろう。

「こんなところね……」

「うん……なに言ってるの奏?」

「なんだよエスパーか?」

「うわっ!アタシの真似?」

「……ちょっとやってみたくなったのよ」

ほんと、なに言ってるのかしら私。

本当に頭がおかしくなったのかもしれない。

本当は私が部屋の照明をミラーボールにしたのかもしれない。

いや、そんな記憶はさらさらないんだけれど。
30名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:35:50 ID:EHo()
「ま、いっか!ミラーボールってなんかかっこいいじゃん!せっかくだし有効活用しちゃおうぜー!イェーイ!」

そう言って伊吹ちゃんは軽く踊り出した。全く構わないわね……
31名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:36:30 ID:EHo()
それから私たちは映画のことなんて忘れて夜通し踊り倒した。

家具をできる限り隅に寄せ、手頃な音楽をかけて私たちは踊った。

周りの部屋に迷惑じゃないかと思ったけどここは2階の角部屋。
都合よく隣は空き部屋だったし、下は物置。上は小梅ちゃんの部屋だった。

多少うるさくても問題ないだろう。

それよりもう……止まれない。
怒られたらその時考えればいい。


私と伊吹ちゃんの夜は始まったばかりだ。
32名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:37:03 ID:EHo()

ーーーーーーーーーーーー

それからいつまでだろう……。

踊り続けた私たちはいつのまにか眠ってしまった。

私が目を覚ますと伊吹ちゃんはまだ眠っていた。

少し伸びをしてどことなく天井を見るとそこにミラーボールなんてものはなく、なんてないただの照明がそこにはあった。
33名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:37:35 ID:EHo()
この数日の間私が見ていたものは幻覚だったのかもしれない。

疲れとストレスが溜まっていて、伊吹ちゃんと騒いでストレス解消になってぐっすり寝たことで疲労が回復したとか。

なんて思いついてそれはないなと思う。

なぜなら伊吹ちゃんがいたから。
あの銀色の球体が厳格であったなら伊吹ちゃんに見えてるはずがないから
34名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:37:51 ID:IK8
>>31
小梅ちゃんはいいのかw
35名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:38:09 ID:EHo()
まあいいかな……。

たまにはこんなことがあってもいいんじゃないか。
世にも奇妙な物語ってね。

なんだかスッキリした気持ちになった私はぐっすり眠っている伊吹ちゃんの肩を揺すった。

おわり
36名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:38:40 ID:EHo()
>>33
誤字です
最後の文
厳格→幻覚
37名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:38:58 ID:EHo()
以上で完結となります
ご覧いただきありがとうございました
38名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:40:14 ID:EHo()
>>34
描写不足感はありますが、この日はエルドリッチロアテラーで外へ撮影に行っています
なので小梅ちゃんは不在ということになりますね
だから騒いでも問題ないかという結論に至ったわけです
39名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:41:10 ID:EHo()
あと最後にはなりますが、最初の数レスが改行出来ておらず非常に読みにくかったことをお詫び申し上げます
40名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)21:52:48 ID:IK8
乙でした

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





速水奏「部屋の照明がミラーボールになった」
CRITEO