;
 - -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

高垣楓のいる風景

7u2ReYOnfZaUs :2018/06/28(木)01:05:14 ID:Sfy()
 心なしか、さきほどよりも落ちてくる花びらが多くなったような気がする。 
 その花びらの雨の中で、女は懐からなにかを取り出した。

 ワンカップ。おれが飲んでいたものと全く同じものだった。細く、しなやかな指がフィルムをはがす。シュー、という小さな音がおれの耳をくすぐる。

 次に女は、かなり苦心してふたを開けた。こんな、幻のように美しい女にはワンカップは似合わないはず。だが、そのワンカップを美味しそうに口元で傾ける姿は、なんとも画になる。

 本当に同じものだろうか。おれはすっかり酔いの醒めた頭と舌で、自分のワンカップの味を確かめる。だが、わからない。
 
+ の新着レス
このレスの続きを表示(3件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





    高垣楓のいる風景