- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

加蓮「イモ掘ったら何か食いついてきた」ぷちかれ「ポテエエ」

1名無しさん@おーぷん:2018/06/01(金)04:03:55 ID:0GE()
ポテポテと思いついてしまったので。
2名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:04:14 ID:0GE()
P「ぷちかれが5匹くらい集まってポテトの取り合いしてたんだよ、Sサイズの」

加蓮「え、あれ、今日事務所に5匹もいたの?もっと買っとけばよかったかな…」

P「一つしかないから取り合いも熾烈を極めてなあ、最後には」

加蓮「ど、どうなったの…?」

P「仲良くお残しして俺にくれたんだけどな」

かれ「ポテップ…」ケフッ

加蓮「少食過ぎでしょ」
3名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:04:30 ID:0GE()
加蓮(事の発端はPさんの唐突な発言からだった)

P『よし、芋を育てるか!!!』

加蓮『!?』

加蓮(なんだかよくわからないうちに、「加蓮Pだから芋育てるくらいしなくちゃな」って言い出して、レンタルの家庭菜園で芋を育て始めたんだ)

加蓮(なんか、他の加蓮Pさんも芋を育ててるから、とか何とか…私のPさんってPさんだけなのにね、変なの)

加蓮(で、それはまあ、Pさんがおかしなこと言い出したりやり出すのは今に始まったことじゃないからそこはいいとして)

加蓮(育てていた芋の収穫時期であるところの、梅雨直前。事件は起きた)
4名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:04:46 ID:0GE()
〜芋畑〜

P『ほら見ろ、立派に育ったろ、ジャガイモ』

加蓮『凄いねPさん…まさかホントに作っちゃうなんて…』

加蓮『これで私もポテト食べ放題かぁ』

P『まぁ流石にフライドポテトばっかり食べさせるわけにはいかないけどな、偏る』

加蓮『え〜、大丈夫だよ、美味しいし、栄養もあるんだよ、ポテト』
5名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:05:05 ID:0GE()
P『お前な、フライドポテトのカロリーと塩分どんだけだと思ってるんだ』

加蓮『え、芋だよ?』

加蓮『芋って野菜だよね?』

加蓮『ケチャップ、トマトだよね』

加蓮『油も植物性の使えば、もう実質全部草じゃん』

加蓮『カロリーないよ』

P『本気で言っているのか…?』
6名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:05:36 ID:0GE()
加蓮『とりあえずさ、このおイモ全部抜いちゃうんでしょ?』

P『そうだな、梅雨になって腐らす前に、ありったけ抜いておこうか』

加蓮『よし、じゃあこのツルを……ひゃっ!』ズテッ

P『な、なんだどうした加蓮、尻もちついて』

加蓮『い、イモが……』

P『ん……?』

P『ああ、こりゃ穴だらけだな…もぐらでも出たかな…?』

加蓮『っていうかあれもこれも全部すっかりかじられてる…ええ…』
7名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:05:54 ID:0GE()
P『イモが美味すぎたか、もぐらが食い意地張ってたかどっちかだなぁ』

モゾモゾ

加蓮『今!そこのウネのあたり動いたっ!』

P『何?』

加蓮『あそこのツタ…また食べる気だよきっと!』

P『あ、おい加蓮』

加蓮『こら、芋泥棒、出てきな、よっ!』グイッ

ズポズポッ

P『な……』

加蓮『芋に何かかぶりついてる…』

もぐら(?)×5「ジタバタジタバタ」
8名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:06:19 ID:0GE()
で。


P『しかしちっこい加蓮が5匹も食いつくとはなあ…』

ぷちかれ『ポテテテ』『ポテ』『ポー…』『ポテエエ』『ポッポッ』

加蓮『ポテポテ言ってる……私こんなにポテトポテト言わないよ』

P『そうだな、一時間あたり2回くらいだな』

加蓮『とりあえずこの子達、このままにしとくとまた他の野菜も食べちゃうし、連れて帰った方がいいよね』

P『いやあ、多分ポテトしか食べないと思うけど…まあ、そうだな』

加蓮『帰ってフライドポテト食べようねー』

ぷちかれ『『『『『フライドポテテ』』』』』

P加蓮(惜しい…)
9名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:06:39 ID:0GE()
〜で、現在。〜


かれ「ポトテ」「ポテエ」クイクイ

加蓮「あれ、もうお腹すいたの?」

P「少食のわりにすぐ復活するんだよなぁ、おかげでイモが減るわ減るわ」

加蓮「イモが減る……そうだよ私のポテトは!?」

P「いや、そりゃこの子らが食べたらその分減ってくよ、仕方ないだろ」
10名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:06:59 ID:0GE()
「ポテポ‼」「フラポ‼」「トポテト?」

加蓮「く……っ……負けてられない…せっかくあんなにポテト食べられるチャンスなのに…っ」

加蓮「Pさん、フライドポテト!すぐ用意して!」

P「お、おう…ぷち達も食べるのか?」

「ポテエエ工エエェェェェエエ工」

P「元気だな…わかった、なら適当にイモ2個くらいで…」
11名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:07:12 ID:0GE()
加蓮「何いってんのPさん、足りないよ!」「ポテポテ‼」

P「いやだってお前……残すでしょ」

加蓮「これがイモを残す人の顔に見える!?」「ポポテ‼」

P(見えるなあ…)
12名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:07:36 ID:0GE()
数秒後。

加蓮「Pさん……もう無理……おイモ……強い……」「ポテン…」「プスン」「モーイーポテ」

P「ほら見ろ…」
13名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:08:03 ID:0GE()
ーおまけー

P「最近は雨が多いし、いよいよ梅雨って感じだなあ……」

P「芋は無理でも花なら育つだろ、と密かに屋上に鉢植え置いといたんだが」ガチャリ


鉢植え「………」

P「お、咲いてる咲いてる…しかしこれ何の花だっけ…」

鉢植え「アイバユミダヨッ」

P「What?」

鉢植え「アメアガリノマドヲー♪」ルンルン

P「うおお、花が、ひとりでに花が歌いだしたっ!?」
14名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:08:26 ID:0GE()
ユミラウネ「ミズトヒカリヲクレタライッパイウタウヨ-」

P「ほう……」




ステージ上で歌う一輪の花、ユミラウネ。


P「アイドルにスカウトしてみた」

ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキ♪」ユラユラ

李衣菜「……なんかアレ、すごくロックじゃないですか…?飼いたい……」キラキラ…

P「歌ってるのはロックじゃなくアイドルソングだがな」

ユミラウネ「フラワーロック-」



おわれ。
15名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)04:09:42 ID:0GE()
ではでは、ほんのお目汚し、失礼をば……

半角だらけで読みにくくてすみませぬ。
16名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)13:11:38 ID:nJc
本家とミリオンに続くぷちか
17名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)05:34:59 ID:aif()
建てたスレで書き込めないので時間空けます、のテスト
18名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:13:14 ID:aif()
テステス。
19名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:13:59 ID:aif()
いっそこっちに投稿するのもありなのだろうかと

うーん…
20名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:17:31 ID:aif()

加蓮「落としたコロネが竜巻になってた」ぷちかれ「ハリケーンポテテ」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1527965804/l10

スレを建てたものの書き込めないので(仕様なのかな)こちらでひっそりと…大丈夫かな
21名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:18:29 ID:aif()
その日の私は、どうも調子がおかしかった。

調子と言っても体調だとかそういうのじゃなくて、なんて言うか、そわそわして落ち着かなかった。

そこにあるはずのものが、欠けている感覚……とでも言えばいいのか

とにかく、原因に思い当たる節も見当もつかないまま、事務所の扉を開けて、いつも通りに挨拶をして………

「あれ加蓮、髪切ったのか?」

「へ?」

出合い頭、プロデューサーさんに怪訝な顔で指摘されて。
22名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:18:49 ID:aif()
「いや、随分思い切ったイメチェンだなと思って……加蓮?」

髪? 髪が何かおかしいのだろうか。
そう思って手を触れてみる。

今日の髪型はカントリースタイルのツインテールに巻きを加えた所謂コロネヘアーで、小さい頃からわりとよくこの髪型で過ごしていたのもあってか、個人的には収まりがいい部類だ。

この髪型でソワソワするなんてこと、ないハズだけどな…と触ってみて、違和感。

いや、違和感と言えばもう一つある。

TVが警報音を鳴らしながら臨時ニュースを伝えているのである。
23名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:20:13 ID:aif()
「依然として原因は謎のままですが、突如として発生したこの巨大竜巻は…」


けたたましい警報音と、私の髪の違和感。
もう一度、そこにあるはずのものを撫でようとして、でもやっぱり。

「コロネが………ない…まさか……」


そう。

私のコロネは。


竜巻になっていた。
24名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:20:36 ID:aif()

「それでは現場から中継です。現場の輿水幸子ちゃーん」

ニュースキャスターの合図で中継先へと映像が切り替わる。

聞き覚えがありすぎる名前を聞いたような気もしたが置いておくとして。


○LIVE

フギャー‼ メガマワリマスネェ‼

デスガコノテイドノカワイクナイタツマキデボクガ

ボクガドウニカナルトオモッテイルナラオオキナマチガイデスヨ

ボクハタツマキヨリカワイイデスカラネエ‼‼


「以上、竜巻の内部より中継でした」


どうやら事は一刻を争うらしかった。
25名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:20:52 ID:aif()
「やべえ…やべえよ……このままじゃ…とばされる……」

見れば、プロデューサーさんも顔を青くして震えていた。

当然だ。もしかすればあの竜巻は事務所に接近する可能性だってある。

コロネが落ちたか外れたか、何かの拍子で竜巻になってしまったのだから、現場はこの付近。
少なくとも都内の私の自宅から事務所までの間に落としたことになるわけで。


「とばされる……不始末の責任で……ちひろさんにとばされる……」ガタガタ

いよいよもってのっぴきならない状況だった。
26名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:21:14 ID:aif()
あの竜巻をどうにかする事はできるだろうか。
考えるだけバカげている。
本来風の力はそこらの爆弾など問題にならない威力なのだ。人一人にどうにかできるわけもない。

考えるだけムダ…なのかな
半ば諦めて頬に手をつく。

すると、何かが手に触れた。

「あれ……これ…片方まだ残ってる…」

もう片方のコロネが、所在なさそうにぷらぷら佇んでいた。
27名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:21:36 ID:aif()
「このコロネも、落とせば竜巻になったりするのかなぁ…」


ぼんやり呟いて窓から外を見ると、竜巻は事務所の前まで迫ってきていた。



「あぁ…終わった…俺は飛ばされるんだ……飛ばされてちひろさんにWILDWINDGIRLされてしまうんだ…」

Pさんは涙目でわけのわからないことを言い始めた。

部屋の隅ではぷちかれ達が仲良くハリケーンポテトをかじっていた。

どうせ食べきれないのになぁ、と思っているとすぐに

「ハリケーンポテポ」「ポテテ」

ちょこちょことそのポテトを押し付けに来た。皮肉にも、私のコロネそっくりのポテトである。
28名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:22:00 ID:aif()
「いや……違うか…巻き方が逆じゃん」


そのポテトは私のコロネと巻き方が正反対で、むしろ今竜巻と化した方のコロネと同じ方向に…………


「……あ」

「そう言えば今日のコロネ……右と左で巻き方逆だったっけ……」

「ポテエ?」「ポテテ?」

「うん、アンタ達、お手柄!」

「ポテテテ‼」「ポッテー‼」「ポーイ!」

キャッキャキャッキャと喜ぶぷち達を尻目に、私は事務所の屋上へ飛び出した。

「待っててよ…あの竜巻、なんとかできるかも…!」
29名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:22:18 ID:aif()
「モットツヨーク モットヤサシークー」

屋上に上がると吹き散らされそうな風の中、元気にユミラウネが歌っていた。

いざとなったらこの子も避難させなきゃいけなかったのだが、あまりの事態に文字通り頭から吹っ飛んでいた。

「けど……これでその心配も、終わりっ!」

ブチッ。
最後一つのコロネを引きむしり、私は。

「いっ………けえええええっ!!」

「イキノコレー」

にこにこユミラウネの応援歌を受けて。

私のコロネは竜巻と化し。

逆回転によって、2つの竜巻は無事、相殺されたのだった。
30名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:22:34 ID:aif()
余談であるが、竜巻に逆回転の竜巻をぶつけてそう簡単に消えるものか、と言われればそれは確かに疑わしくもあるのだけど。

そもそも、あの竜巻は私のコロネなのだ。

コロネが竜巻に変わる世界に、常識など通用しないのである。悪しからず。
31名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:22:54 ID:aif()
「消えました!竜巻が突如として現れたもう一つの竜巻と衝突し……あ、はい、現場から映像が届いています、現場の幸子ちゃん?」


「いやー、まったくカワイくない竜巻でしたねえ、ボクに正面から挑むなんて」

「竜巻にも勝るボクのカワイさ、特番で放送してくれてもいいんですよ、今なら…」

「フフーン!」

「そう、フフーンと………え?」

「カワイイ!カワイイ!フフーン!」

「な、なんですこのちっちゃい生き物は!?」

「フフン」

「も……もしやこれって前代未聞の大発見なのでは……!それもボクに似てこんなにもカワイイ生き物が…」

「そうです、これで特集を組みましょう!題して輿水幸子のカワイさ100本勝…」

ぷつん。

「以上、頭に男性用ブリーフパンツを乗せたカワイイ輿水幸子ちゃんからの中継でした。」
 
+0
-0
32名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:23:08 ID:aif()
「………増えたね」

「ああ、増えたな、ぷち…」

「乗ってたね、頭に」

「ああ、俺のブリーフだったな……」


おわれ。
33名無しさん@おーぷん :2018/06/03(日)17:25:14 ID:aif()
大丈夫なのだろうかこれ。
色々といいのかこれ。

もしかしたらまた書き込めないかもしれないので、ぷち関連の話であればまた新しくタイトルつけてこちらに投げるかもしれませんが、ひとまずこの話はここまでで(続くかは未定)。

お目汚し、失礼をば…。
34名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:11:15 ID:MmW()
密かに更新しようか企む私
35名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:18:17 ID:MmW()
先に書いたように、新スレ建てるのもあれなのでぷち関連はこっちで更新します。

3話目

響子「ポテトばっかりじゃ体によくないですよっ」ぷちかれ「ポテェ?」

ちまちまと。
36名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:19:11 ID:MmW()
P「……今、何て?」

加蓮「うん、ぷちかれ達がね、飛び出していっちゃったんだけど」

P「大丈夫なのかそれ、車に轢かれたりとか踏まれたりとかさ…」

加蓮「ああ、それなら平気、穴掘って地下からうろちょろするみたいだし」

P「あぁ…そういやもぐらだったっけ、ぷちかれ」

加蓮「うん、自分のコロネちぎって手にハメてドリルしてたよ」

P「もうお前らのコロネそれ何なんだよ」
37名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:19:33 ID:MmW()
〜地中〜


「ポテテテテテテ」「ポテテテテテテ」「ポテテテテテテ」

※今日は3匹で出かけているようです。

「ポテ?」クンクン  「ポテ」「トテポテ」

※地上から何かが匂う!と言っているようです。

「ポテエエエ」キュイイイーン 

「ポテテ!」「ポテテ!」ピョンピョコ

※上へ参ります。
38名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:20:12 ID:MmW()
〜商店街〜


響子「じゃあ玉ねぎを2カゴと…あと、じゃがいももお願いしますっ」

八百屋「あいよ。今日は肉じゃがかい?」

響子「はい、皆喜んで食べてくれますから、ちょっとくらい多めに作ってもあっという間で…」

八百屋「そりゃあ響子ちゃんの気持ちがこもってるからなぁ…ほい、これはほんの気持ちだけど」

響子「わ、いいんですか、こんなに頂いて…!」

八百屋「いつも贔屓にしてくれるからねぇ、ホント、気持ちだから」

響子「ありがとうございますっ、えと、じゃあお財布を……あれ?」

「ポテ…テッ」「ポテポテ」「ポフー」

※穴からよじよじ、3匹が出てきました。

響子「ちっちゃい加蓮さん…?」

「ポテテ‼」「ポテテ‼」「ポテテ‼」

※八百屋さんの芋に興味津々です。
39名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:20:53 ID:MmW()
響子「あ、だ、だめですよ食べちゃ!これは売り物で、お金を払ってお買い物をしなきゃ泥棒になっちゃいます!」バッ

「ポテ?」「ポテポー?」「ポテェ?」

響子「はい、ダメですっ」

「「「ポテェ……」」」

※しょんぼりしちゃいました。

八百屋「おやおや、噂のもぐらさんじゃないかい」

「「「ポテテ-」」」

響子「八百屋さん、知ってるんですか?」

八百屋「お宅のプロデューサーさんがね、お芋が足りないからってよく買いに来てくれるんだけど」

響子「そっか……加蓮ちゃん、確かフライドポテトが好物で……」ハッ!

響子「もしかして、あなた達、フライドポテトしか食べてないなんて事は…」

「フライドポテテ」「ハリケーンポテテ」「ナマイモ」

響子「それもうほとんどフライドポテトじゃないですか!あぁあ、もしかして加蓮ちゃんもポテト続きで偏ってたり……」

響子「うん!こうしちゃいられませんっ!ぷちかれちゃん達!!」メラメラメラ

「ポテ?」

響子「ちょっとだけ、手伝ってくれませんか?」
40名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:21:22 ID:MmW()
〜事務所〜

加蓮「ふうん……気になるカレは胃袋からわしづかみ、か…なんか凄いね、このキャッチコピー」

P「見本誌か……そう言えば腹減ってきちゃったな」


加蓮「外、雨降りそうだし、あの子達も早く戻ってこないと泥だらけになっちゃうなあ…」


響子「すみませーん、これ、お裾分けに来たんですけど、今大丈夫ですか?」

P「おお……この匂いは……いつものアレだな?」

響子「はい、得意料理ですから」

加蓮「なになに、肉じゃが?」

響子「はい、肉じゃがですっ。あ、加蓮さんにはこっちを…ぷちかれちゃんっ」

加蓮「へ?」

ぷちかれ「コロケ」「ジャガニク」「ジャガジャン」

※3匹でコロッケの乗ったお皿を運んできました。

※ちょっとだけかじられているのは大目に見ておきましょう。
41名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:21:43 ID:MmW()
響子「肉じゃが、コロッケにしてみたんですけど…もしよかったら、おやつに」

加蓮「いいの?ありがとうわざわざ…肉じゃが作るのだって結構手間なのに…」

響子「いえ、ぷちかれちゃん達がですね、おいもを潰したりパン粉をつけてくれたり、色々手伝ってくれまして」

ぷちかれ「「「ポテン」」」

※胸を張る3匹でした。



響子「あ」

加蓮「え」

ぷちかれ「「「ポテ?」」」

※胸を張ったので、担いだコロッケのお皿が傾いて…
42名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:22:06 ID:MmW()
加蓮「わわわ!コロッケ落ちる、落ちるって!」

響子「えっ、あっ、もったいないっ!」

「モッタイナイッ」ピュン

加蓮「!?」

P「うおっ、なんだ今横切ったちっこいの」

響子「おそろしく素早かったです…」

ぷちきょこ「フー」

P「…今更驚きはしないが…」

響子「ちっちゃい私ですか!?」
43名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:22:23 ID:MmW()
ぷちきょこ「タニタニ‼」プンスコ

ぷちかれ「「「ポテンナサイ」」」

P「また賑やかになりそうだなあ…」

加蓮「ちっちゃい響子かぁ…掃除とか洗濯とか、色々やってくれそうだよね」

響子「……いけませんよ……」

P「響子?」

響子「私の獲物を奪う気ですか……汚れ物……たたむもの……洗い物ぉ……」ガクブル

P「アイドルがしていい顔じゃない」
44名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:22:40 ID:MmW()
ーおまけー


晴「あーあ、雨ばっかでつまんねーな…外出て思っきしボール蹴りたいぜ」

みりあ「う〜……」

晴「みりあもつまんねーよな、ずっと雨ばっかだとさあ…ん、それ宿題か?」

みりあ「解けないし、お外で遊べないし……」

みりあ「みりあ…モヤるぅ……」

晴「やべえな、あのみりあがここまで壊れるか……梅雨、侮れねえぞ…」
45名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:22:56 ID:MmW()
〜おまけ2〜

響子「揚げ物ばっかりじゃがいもばっかりじゃ偏りますから、しばらくは私、加蓮ちゃんのお昼も作っちゃいますね」

加蓮「え、嬉しい…けどいいの、手間じゃない?」

響子「いえいえ、油断するとぷちきょこが仕事全部やっちゃうので、多いほうがちょうどいいですし」

響子「それに…どうせもうひとり分、はじめから作ってますし…ね…」

加蓮「へ?」

P「お…今日は豆腐ハンバーグだ」モグモグ


おわれ。
46名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)17:23:34 ID:MmW()
お目汚し、お粗末さまでした。
次回があるかも未定ですが、よければ。
47名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:17:37 ID:fxt()
短いですが思いついてしまったので4話目。

加蓮「ミント食べさせたら爆発しはじめた」ぷちかれ「ミント‼」
48名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:17:43 ID:fxt()
事務所・真夏日。


扇風機の前で陣取る一輪の花・ユミラウネ。

ユミラウネ「アツーイ」ピョンピョコ

ユミラウネ「ワレワレハー」ピョンピョコ

P「首振る扇風機に追従する花って宇宙人よりよっぽど脅威なんだが」
49名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:18:08 ID:fxt()
P「なぁ、考えてみたらお前さ」

ユミラウネ「ナァニ?」

P「他のぷち達と違ってわりと……喋るよな」

ユミラウネ「ソウカナ?ミンナモワリトシャベレルトオモウケドナッ」

P「そうか…?ぷちかれなんか大概ポテポテ言ってるだけな気がするんだがな…」


加蓮「…そっか…教えたら案外喋れるようになったりして…」

ぷちかれ「ポテ?」
50名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:19:26 ID:5EX
加蓮「はい、取り出しましたるは『あなたも作ろう芋料理百選』…このレシピ本で言葉の特訓だよ」

P「何、そんなもん常備してるのキミ」

加蓮「はーい、それじゃいくよ。これな〜んだ?」

「フライドポテテ-」

加蓮「言えてないし…まあわかるからいっか、バンバン行こう」

加蓮「はいこれ(ポテトチップス)」

「ポテテチプス-」

加蓮「これ(ジャーマンポテト)」

「ジャマポテテー」「ジャマジャナイヨ」「オイシイヨ」

加蓮「…確かにたまに喋るね」

ユミラウネ「デショー」

P「何か……和むような、余計に暑くなるような…ダメだ、アイス食べようアイス」
51名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:19:58 ID:5EX
加蓮「アイスあるの?私食べるー!」

ユミラウネ「タベルー‼」

ぷちかれ「ポィ?」

P「はいはいちゃんとたくさん買ってあるから…ぷちかれも食べるか、冷たいぞ」

ぷちかれ「ポィ」「ポテ」「ポトテ」ゴニョゴニョ

加蓮「アイス、食べたことないからわかんないみたい。試しに私のあげよっか」

P「加蓮のは……いつものだな、ほい、チョコミントのカップアイス」

加蓮「ありがと。おーい、一口食べてみる?」

「ポテ‼」パクッ

P「ど、どうだ…?」

ユミラウネ「イキナリミントッテイウノモヒトヲエラブキガスルナア」ペロペロ

P「言いつつ平然とスイカバーを舐める花な、お前な」

ぷちかれ「…………!」

加蓮「あ、あれ? 固まっちゃったけど……これ、大丈夫かな」
52名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:20:18 ID:5EX

P「文字通りフリーズしたか……やっぱりいきなりミント味のアイスは……」


ぷちかれ「ミ」

P「み?」

ぷちかれ「ミミミミミミミ」

加蓮「お、おーい…?」

ぷちかれ「ミント‼」ボウン‼

P「うおおう!?」

加蓮「何今の爆発音」

ぷちかれ「ミント‼」ボウン 「ミント‼」ボウン
53名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:20:40 ID:5EX
ちひろ「帰ってきたら事務所がやたら騒がしくなってるんですけど」

P「いやぁ…なんかミントのアイス食べさせたら爆発しちゃって…」

加蓮「…ああ、そっか、薄荷-ハッカ-かぁ…」

P「何、薄荷がどうした」

加蓮「ミントの香りがはじけるような〜♪」

加蓮「で、はじけたんだよ」

P「この暑い日に発火-ハッカ-する必要はないだろうに!」

ぷちかれ「ミント‼」キャッキャッ

ぷちかれ「ミント‼」キャッキャッ

ユミラウネ「コレ…タブンダケドヨッパラッテルカモ」

P「ミントで!?」

加蓮「あぁ…猫のマタタビ的なね、もぐらにミント的な」

P「ミントでもぐらは酔わないしそもそもやかましい!」
54名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:20:57 ID:5EX
ぷちかれ「ミントオカワリ‼」「ミント‼」「ミント‼」

加蓮「気に入ったみたいなんだけど…」

P「余計に暑くなるから勘弁してくれ…」




P「しかしこの暑さ…真夏日にしても尋常じゃない気がするんだが、何が原因なんだ…?」



〜同ビル・トレーニングルーム〜


茜「まさかこの私に張り合える相手がいようとは!!これは私もさらにさらに気合を入れてかからなければ!!」ドドドドド

ちーあか「ボンバーーー」ドドドドド


未央「室温がここだけサウナ並みなんだけどどうなってんの!?」



おわれ。
55名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:22:28 ID:5EX
お目汚し、失礼をば。
なんだかんだで4話目になってたりします。

アイス食べたい。ラムレーズンがいいな…

では、また。
56名無しさん@おーぷん :2018/06/24(日)18:51:55 ID:fxt()
補足。ぷちかれの爆発はぷちかれ自身は原型留めてます。カービィのクラッシュみたいな。
57名無しさん@おーぷん :2018/06/25(月)10:43:16 ID:GiH()
ユミラウネの台詞が半角なのは仕様とは言え、読みにくいかもだしどうするかちょっと悩んでたりします。
58名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:33:53 ID:DiK
5話目、掘り下げ回をば。

幸子「ちょっと暑くないですかねぇ」みにさち「フフーン」
59名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:34:05 ID:DiK
〜どっかの亜熱帯な森中〜

幸子「【〜どっかの亜熱帯な森中〜】て、バカじゃないですか?」

番組D「のっけからメタいねえ幸子ちゃん」

幸子「ただでさえ暑い時期にわざわざこんな場所に来させますか普通!!!」
60名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:34:30 ID:DiK
幸子「常々思うんですけどね、アイドルのやる仕事じゃないと思うんですよねホント」

番組D「そうは言うけどホラ、幸子ちゃん出ると出ないとで全然違うのよねぇ、コレ、数字」

幸子「それはまぁ……カワイイボクが出るからには高視聴率なのは間違いないと思いますよ、えぇ…でもですね、いくらなんでも…」

番組D「やっぱさあ、今をときめく天下一カワイイアイドル輿水幸子ちゃんがね、時に涙し、時に汗を流しながらひたむきに頑張る姿にボクら胸を打たれるんじゃないかなあって思うんだ」

番組D「こんなにカワイイのに打たれ強い!こんなにカワイイのに諦めない!ボクらの幸子ちゃんですよぉ、ねえ?」

幸子「フ……フフーン!まぁそこまで言われちゃうとカワイイボクとしても引き下がれないですよねえ、何せ数字で証明されちゃってるんですから!」
 
+0
-0
61名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:35:13 ID:Deo()
幸子「それで、テンプレートはこのくらいにして、今日は何やるんです、こんなジャングルで…暑いんですけど」

番組D「冷めてるねえ…いや、まぁアレよ、いわゆるゲテモノ食いのね、アイドルがキャ〜キャ〜言っとけばまぁ、撮れ高としては充分なんだけど…でも、さ」ポン

幸子「はい?……この手は何ですかこの手は」

番組D「大丈夫、幸子ちゃんならイケるから」グッ

幸子「わかってましたけど!!!でも丸投げはないんじゃないですか!!?」


番組D「大丈夫大丈夫、ちゃんと毒は抜いて、きちんと加熱してあるし、ねえ」

幸子「まず毒があるものを食べさせようとしないでくれませんかねぇ…わかります?仮にもボク、ア・イ・ド・ル!」

番組D「大丈夫だって、幸子ちゃんほら、肝が太いからオオアナコンダくらいなら丸飲みいけそうじゃない」

幸子「こんなに小さいボクのどこに入ると思うんですか!!アナコンダ!!」


参考:オオアナコンダの体長は4.6m。
62名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:35:36 ID:Deo()
番組D「さ、四の五の言わないで食べないとこの後のスケジュール遅れちゃうでしょ、マイてマイて」

幸子「うう……覚えといてくださいよまったく……それで、何の蛇を食べさせられるんです、もうこうなったらヤケですからね、カワイイヤケですから」

番組D「何って、そこに置いてあるでしょ、大きな……あれ?」

幸子「何にもないですけど…まさかこのお皿を食べろなんてムチャ言いませんよねぇ?」

番組D「変だな、逃げたのか…そういやまだちょっと動いてたかも…」

幸子「ちょっと、ホント泣きますよ?何だったんです?ねぇ」グスグス

スタッフ「ありました、ディレクター!あれ、あそこに!」

番組D「んん、あれは…」

幸子「ふぇぇっ!?ちょっと!!」

みにさち「アガアガ」ガブガブ

みにさち「ゴクン」

みにさち「フフーン」
 
+0
-0
63名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:35:51 ID:Deo()
番組D「あらぁ丸飲み……こんなに小さいのに…」

幸子「あ、あああ……」ガタガタ

みにさち「フフン」

幸子「こんなにカワイイのに…こんなにボクソックリなのに……あんなモノを……丸飲み……」


幸子「ブクブクブク…」


みにさち「フフン?」

番組D「あわわあ撮影中止!!誰か、幸子ちゃんに氷持ってきて氷〜!」



この日、幸子に新たなトラウマが増えたとか。
 
+0
-0
64名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:36:19 ID:Deo()
かいせつ。

※みにさちです。

さち「フフン」

※いつもドヤ顔です。

※何でも食べられます。鍛えられていますね。

さち「フッフーン!」

※因みに、カミナリが苦手です。

ゴロゴロゴロ…ピシャアアア

さち「フギャーーー」アワアワアワ

※カミナリの日は抱きしめて撫でてあげると良いでしょう。
65名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:36:53 ID:Deo()
ここからおまけ。

〜〜〜〜〜



P(事務所にぷち達が現れてしばらく経った。相変わらずよくわからん生き物だ。)

ぷちかれ「ポヒュ……ポヒュ…」

加蓮「あ、こんなとこで寝て…風邪ひくよ〜」

響子「何か、そうしてると加蓮さん、すごくお母さんっぽいですよね」

加蓮「え、そ、そう…?……あ〜、誰かさんの過保護がうつったりしたのかな、あはは…」

幸子「どちらかと言うと子煩悩で親ばかって感じしますけどね」

加蓮「この口かそんなこと言うのは」ムニーッ

幸子「ふぉんほのほほひゃないひぇすかあ」ジタバタ


ユミラウネ「オクジョウノオハナニミズヤリシテキタヨッ」

加蓮「お、お疲れ〜」

P(もうツッコむまい……)
66名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:37:36 ID:Deo()
P「さて、今日の予定はと……あ、そうだ…例のブーブーエスの特番、幸子のおかげで視聴率凄かったらしいな」

幸子「まぁ、ボクですからね!」フフーン

加蓮「どんな番組?」

響子「えっと、確かあちこち海外を飛び回る…?」

幸子「皆さん忙しいですからねぇ、チェックできないのは仕方ないですよ」

P(その割に事務所でのんびりしてるのは……まぁSSだ、細かいことはいいんだ…)

加蓮「Pさん、メタい」


P「メタついでだからぶっちゃけるけど、バトルものもいいと思うんだよ、能力持ちのぷちもいるんだし」

幸子「あぁ……まぁ茜さんのぷちとか凄そうでしたしねぇ」

響子「私のぷちは今のところやたら素早いだけですね」

加蓮「私なんかぷちどころか竜巻だよ」

P「…………」

響子「………」

幸子「…まぁ、よくありますよ」

加蓮「よくあってたまるかっ」ベシ

幸子「あう」

P「けどな〜、気分次第だな」

加蓮「あまり大風呂敷広げちゃうと大変だしね」

P「そしたら夢オチで」

幸子「スローライフ・ファンタジーですね」

P「というか、やるとは言ってないからな、今の雰囲気を壊すのもアレだし」
67名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:37:56 ID:Deo()
加蓮「人の頭から竜巻出させといて言うセリフ?」

P「…………」

響子「…………」

幸子「あ、今日はスイカバー入ってないですね」

ユミラウネ「エー、タネガオイシイノニ」

加蓮「…はぁ」

ぷちかれ「ミント!」ボウン

加蓮「誰!食べさせたの!!!」

おわれ。
68名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)21:38:56 ID:Deo()
出すだけ出しといて投げっぱなしなのもアレだなーと妄想した結果でした。

他の子で浮かぶかは未定。

お目汚し、失礼をば。
69名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:44:48 ID:Qga()
思いつき次第更新、予定は未定、熱いうちに打て。

短いですが6話目。

加蓮「風邪引いたかな……」ぷちかれ「ポテン!」
70名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:45:12 ID:Qga()
・ある朝、加蓮の部屋

ぷちかれ「ポテン」「ポテン」

加蓮「おはよ、今日も元気だね〜」

ぷちかれ「ポテテ-」

加蓮「さてと、準備できたし、ちょっと早いけど行こっか、事務所」

ぷちかれ「ポテ」ビシッ

※ぷちかれ達は毎朝加蓮を起こしに来るようです。

※でも加蓮は早起きなので、そのまま一緒に出かける事が多いみたいですね。
71名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:45:26 ID:Qga()
・別の朝。


ぷちかれ「ポテン」「ポテン」

加蓮「……ん……あれ、朝……」ボーッ

ぷちかれ「ポテェ?」「ポテポーテポテ」

加蓮「そっか、行かなきゃ……事務所…」フラッ

バタン

ぷちかれ「ポテエエエ」「ポテエエエ」「ポテエエエ」

※ぷちかれ、突然の事態に大混乱です。
72名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:45:50 ID:Qga()

〜事務所〜


P「いつも一番乗りの加蓮がまだ来てないのか…何かあったかな…?」

プルルルルル 

P「電話…もしかして加蓮からか?」ガチャ

『ポテポテ』

P「はいもしもし、どうした?」

『ポテ……ポーテ………アガッタポテテ』

『アゲタテアツアツ』

『ポテン』

P「……え〜と……?」

P(こんな朝早くに芋が揚がったからって電話しないよな…そもそも何でぷちかれが電話してるんだ)

P(揚げたて…アツアツ……ポテンって何だ……芋以外で……)

『アツアツコロネー』『コロネー』『ポテエエエン』

P「コロネが熱々…………?」

ユミラウネ「カレンチャンガドウカシタノッ?」

P「加蓮」

P「そうか加蓮か!!??」


『ポテエエエン』『アツアツ』『ポテエエエン』
73名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:46:06 ID:Qga()
〜で、加蓮の部屋〜

P『とりあえず今日は無理せず休んでていいからな…ああ、何かいるものがあったら…』

加蓮「んーん、平気…多分一日寝てればよくなるやつ、だから……」

P「くれぐれも無理するなよ、キツかったら誰かに…」

加蓮「大丈夫だって。心配かけてごめんね、じゃ…」



加蓮「あの子達泣いてた…悪い事しちゃったかな」
74名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:46:16 ID:Qga()
ぷちかれ「ポテン…」「ポテン」「ポテエエン」グスグス

※穴の中で泣いているようです。

ぷちかれ「ポテ!」「ポテ?」「ポテ?」

※一匹が何かを閃いたようです。

ぷちかれ「ポテエエエ」「ポテエエエ」「ポテエエエ」

※どこかへ向かって堀り進み始めました。
75名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:46:31 ID:Qga()
〜商店街〜

響子「加蓮さん、心配だな…何か作りに行って……でも、突然お邪魔したりして迷惑にならないかな」

響子「うーん……」

ボコッ

ぷちかれ「ポテテ」

響子「わっ、ぷちかれちゃん?どうしたの、すごい顔して…」

ぷちかれ「ポテン」「アツアツ」「ゲンキ」

ぷちかれ「オカユ!」「オカユ!」「オカユ!」

響子「おかゆ、作りたいの?…そっか、加蓮さんのためだもんね……よし、それなら」

響子「一緒に作っちゃいましょう、加蓮さんが元気になれるように!」

「ポテエエエン」 
76名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:46:58 ID:Qga()
〜夕方・加蓮の部屋〜

加蓮「うん、少しだけ楽になってきたかも…何かお腹すいたな…」

ピーンポーン

加蓮「誰だろ、お母さん今いないんだよね……出なきゃ…」


ガチャ


響子「加蓮さん!」「ポテン」「ポテン」

加蓮「響子……と、ぷちかれ達…? 珍しい組み合わせ……でもないか、前にもあったね、こんなの」

響子「その、熱は…」

加蓮「もうだいぶ楽。…お腹すいちゃってさ、目が覚めちゃって」

響子「…チャンスですよぷちかれちゃん」

ぷちかれ「ポテン!」

加蓮「ん?」

ぷちかれ達「「「「「オカユ」」」」」

加蓮「……これ、もしかして」

響子「作り方とかは教えながらでしたけど。かなり筋が良かったです」

ぷちかれ「タベテ」「ゲンキ」「ポテン」

加蓮「……ポテンじゃないよ、加蓮」

ぷちかれ「ポテ?」

加蓮「わかるよ、何が言いたいかくらい…ありがとね、皆」

ぷちかれ「ポテ」「ポテン」「カテン」
77名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:47:14 ID:Qga()


「「「「「カレン」」」」」
78名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:47:38 ID:Qga()

加蓮「……なんか、このおかゆ……ちょっとしょっぱいね、なんでだろ」グスッ


響子「…加蓮さん」


「カレン」「カレン」「カレン!」ワチャワチャ

※こうして、ぷちかれ達はまたひとつ成長したのでした。






〜翌日〜


P「いい話だなあ…ぷちかれ達も頑張ったんだな」

「ポッテン!」フンス

加蓮「うん、そこまではいい話なんだけどね、そこからがね」

P「そこから…? 何かあったのか?」


加蓮「気持ちは嬉しかったんだけどね」
79名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:47:51 ID:Qga()
〜あの後。〜

「ポテテ!」

※学ランを着たぷちかれ達が。

「ポテポテポテポーシ」

※三三七拍子を。


「ポテテ!」「ポテテ!」「フライドポテテ!」


加蓮「眠れない………」ゲンナリ
80名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:48:06 ID:Qga()
〜おまけ〜


奏「ねぇ 見て ほら」

有香「セヤァッ!」ブンッ

P「あべしっ!」

奏「綺麗な『突き』だね」

P「こんの……お返しだぁ!うおおお!」

奏「そう 今 から 判定なくなる」

P「あれえ!?あれえ!?」スカスカスカスカ

有香「セヤァッ!!!」ズムッ

P「ぴにゃあ!!」


おわれ。
81名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)13:49:11 ID:Qga()
思いつき故の無軌道、悪しからず。 

お目汚し失礼をば。
82名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:07:35 ID:94m()
7話目更新します。

響子「ぷちきょこ止まってえええ!」ぷちきょこ「タニタニタニタニタニタニ」
83名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:11:44 ID:94m()
〜バーガーショップ〜

店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

加蓮「えっと…何にする?」 

未央「私フライドチキン!あとチーズバーガーね!」

李衣菜「じゃあ私は……フィッシュバーガー下さい、あとアイスコーヒーも」

加蓮「私は……ポテテ下さい、Mサイズの」

店員「はい?」

未央「ポテテ?」

李衣菜「加蓮ちゃん…」

加蓮「ポ、ポテト!ポテトだから!聞き間違えたんじゃないの!?」

ぷちかれ「ポテテ-」

※うつったようです。
84名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:12:06 ID:94m()
〜ある日の事務所〜

歌鈴「はわわわわ……どうしよう……これじゃ事務所に入れない〜っ…!」

P「歌鈴?事務所の前で何してるんだ…?」

歌鈴「あっ、あっ、Pさん、あのですね、今、私、事務所に入れないんですよーっ」

P「へ、何で」

歌鈴「全ての原因は私のドジにあるんですけど……今事務所の床をぷちきょこちゃんがお掃除してましてですね、その、見事にピッカピカで、顔まで映るくらいキレイになってまして…」

ぷちきょこ「タニタニタニタニタニタニ!」スタタタタ

ぷちきょこ「タニタニタニタニタニタニ!」フキフキ

P「ふむ……? 事務所がキレイなのはいいことじゃないか、何も問題は…」

歌鈴「あるんですよぉっ!私、絶対に滑ってこけちゃうじゃないですかぁっ!!」

P「あー……成程」
85名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:12:28 ID:94m()
歌鈴「多分どう足掻いてもズッコケちゃうと思うんです……だからその、御用があるならここで聞きますっ!お仕事でもレッスンでも、一生懸命頑張ります!!」

P「意気込みはわかるが、自社のアイドルに立番させるわけにもいかないしな……よし、こうしよう」スッ

歌鈴「ふぇっ?ぷ、プロデューサーさん、どうして急にかがんで…」

P「おぶさりな、ソファまで乗せていくから」

歌鈴「うぇええええ!?そそ、そんな滅相も、そんな、だって、いつもお世話になってるプロデューサーさんに乗っちゃうなんて、罰が当たりますよぉ!」

P「担当アイドルをこんなとこに立たせとく方がよっぽど罰が当たるって。ほら、そんな気負わなくても目と鼻の先なんだから」

歌鈴「うう……それじゃその…お、お願いしましゅっ………」

P「………」

歌鈴「…噛んだぁ……///」

P「よし、行こうか」

歌鈴「スルーしてくれる優しさがありがたくも痛いです…」
86名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:12:46 ID:94m()
〜で、歌鈴を下ろして事務所内〜

P「しかしぷちきょこはどうしてこんなに張り切ってるんだ? 何かあったのか」

響子「あ〜……それ、多分原因は私なんですけど…その」

P「?」

響子「出来心で、寮の家事、私がいつもやってる分、全部片付けちゃったんです…」

響子「そしたら、こんなことに…」

ぷちきょこ「タニタニタニタニタニタニ」ポスポス

P「…確か、普段は公平に半分ずつだったよな、家事の役割分担」

響子「はい…私もぷちきょこも、家事ができないと禁断症状になっちゃいますし…」

P「さらっと物凄いこと言うね…」
87名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:12:59 ID:94m()
P「しかしまあ、事務所が綺麗になるのはいいことだよ、実際なかなかこう大掛かりな掃除もできてないからなあ」

響子「はい、この事でぷちきょこを責めるつもりはなくて、褒めてあげたいくらいなんですけど」

ぷちきょこ「タニタニタニタニタニタニ!」ズオオオ

ぷちきょこ「タニタニタニタニタニタニ!」バシャバシャ

P「……でももう充分キレイじゃないか?」

響子「かれこれ5時間です…」

P「5時間!?」

響子「どうにかして止められないでしょうか……」

P「んー…何かで少し熱を冷ませれば、疲れて止まるんじゃなかろうか…」

P「問題は何で止めるかだが……」ヒラッ

P「ん…?何だこの紙」ピラッ

P「……この絵は……!」
88名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:13:37 ID:94m()
ぷちきょこ「タニタニタニタニタニタニ」サッサッサ

P「ぷちきょこ〜、ちょっとこっち見て」

ぷちきょこ「タニ?」

P「ほい」ピラッ

つ響子画伯の絵
89名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:15:13 ID:94m()



90名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:16:24 ID:94m()
ぷちきょこ「」ピタッ


ぷちきょこ「????」


P「よし、敵は混乱したな」

響子「何か納得がいきません!!」
91名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:16:41 ID:94m()
おまけ。

〜事務所のテーブルの上〜

ポテチの袋「」ガサゴソ ズルズル

李衣菜「うわあ、ポテチの袋がひとりでに動いてるっ!!」

加蓮「あぁ、どうせあの子でしょ、おーい」

袋「ポテテチプス!」ズルズル

加蓮「中にぷちかれがいるんだよ」

李衣菜「だ、ダイナミックな食べ方するね…ロックだ…」
92名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:16:57 ID:94m()
おまけその2。

ぶくかれ「ボテテ」ウーップ

P「でかっ!?」

加蓮「何かやたら食が進んでさ、気がついたらこんなになってて」

ぶくかれ「ボテボテエエ」

P「すごい弾力だなしかし…」

加蓮「ダメだよー、もっと痩せないと」

ぶくかれ「ボテェ?」

P「うん、加蓮、お前はもうちょい太れ」

加蓮「女の子に太れとか言う!?」

P「いや、お前の場合普通に心配なんだよ…」


おわれ。
93名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)22:18:45 ID:94m()




というわけで画伯回。

ついでなので描いてみました。

お目汚し、失礼をば。
94名無しさん@おーぷん :2018/06/29(金)00:14:56 ID:9gh
早すぎじゃね?

いいぞ、もっとやれ

私が言うべきなのはどっちだ
95名無しさん@おーぷん :2018/06/29(金)00:40:18 ID:m9Q()
基本勢いと行き当たりばったりなので早いときはひたすら…
自重すべきかなあとも思いつつですがゆるゆるやっていけたら…
96名無しさん@おーぷん :2018/07/03(火)08:47:28 ID:Rs8

97名無しさん@おーぷん :2018/07/04(水)01:46:57 ID:GGe
雰囲気をぶち壊したくないと言いながら登場人物にメタい自分語りさせるのはどうなのか
そういう話は後書きの時に一緒にするべきでは?
98名無しさん@おーぷん :2018/07/04(水)22:03:12 ID:rRo()
続き、いきますね。

8話目
加蓮「いちごポテトサラダ!?」ぷちかれ「オイシイヨ」
99名無しさん@おーぷん :2018/07/04(水)22:04:03 ID:rRo()
P「おやつだぞ〜」

加蓮「あ、今日はスイートポテトかぁ」

響子「私、お菓子作りまだ初心者で……こんな簡単なものしかまだ作れないんですけど……ど、どうですかね、ちゃんと作れてます?」

加蓮「心配しなくても大丈夫、ちゃんと美味しいから」

ぷちかれ「ポテテ!」

P「お。来たな。…じゃがいもじゃなくてサツマイモだけどなこれ」

ぷちかれ「ハムッ」

響子「ど、どう…?」

ぷちかれ「スイートポテテェ…」トローン

P「かつてないほどとろけた顔になった」

響子「わっ、わっ、それよりぷちかれちゃん、溶けてます!!」

ぷちかれ「ポーテーェ…」トローリ

加蓮「そりゃこんな美味しいと溶けもするよねえ、わかるわかる」

P「ツッコミ放棄か…」
100名無しさん@おーぷん :2018/07/04(水)22:04:26 ID:rRo()
〜別な日の事務所。

ありす「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ………」

ありす「おかしいです」

P「ようやく気付いたか……パスタにいちごを乗せるのがおかしいと言うことに」

ありす「そうじゃありません!それにいちごパスタは橘流イタリアンのメインディッシュなんですから!食べもせずに味を語るのはやめてくれませんか!」

P「いや、まぁ……うん、それは悪かった」

加蓮「ありすちゃん、何がおかしいの?」

ありす「あ、加蓮さん……その、いちごが足りないんです……」

加蓮「え、ええっ!?」

P「どうしたんだでかい声出して……橘の数え間違いじゃないのか?」

ありす「ありすです。…数え間違えるはずないと思うんですけど…」

加蓮「Pさん…あのいちご、普通のいちごとはちょっと違うやつなんだよ」

P「っていうと」

加蓮「ジュエリーベリーっていうブランド物で、一粒1000円以上の超高級品とかなんとか…」

P「そんなものをパスタに乗せようとしていたのか!??」

ありす「問題はそこじゃありませんからね!!」

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





加蓮「イモ掘ったら何か食いついてきた」ぷちかれ「ポテエエ」
CRITEO