- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

荒木比奈「眠れない夜に祝福を」

1名無しさん@おーぷん:2018/03/06(火)23:40:54 ID:K4c()
アイドルマスターシンデレラガールズの荒木比奈さんのお話です。
R18とまではいきませんが、ちょっとエロ要素あるので不安な人はブラウザバックを
2名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:41:15 ID:K4c()
 ある寒い日の事です。

 その日は一日オフだった比奈がまどろみから覚めると相変わらず辺りは真っ暗で、窓の外に浮かぶのはまんまるな月でした。

 比奈はぼーっとする頭で枕元に置いてあったスマホを手繰り寄せて時間を確認します。

 そこに表示されている時間が、日付が変わって久しい事を教えてくれました。

 もぞもぞと比奈が布団から這い出すと、眠りに落ちるまでは着ていたはずのジャージが床に落ちました。

「うぅー……。寒いっス……」

 布団から出て分かったことですが、比奈は寝ている間にジャージを脱いでしまったようです。今は少しくたびれたベージュ色の下着しか身に着けていません。

 すぐにジャージを着てしまえば良かったのでしょう。ですが比奈のお腹の辺りからグーと大きな音が響きました。

「お腹空いたっス……」
3名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:41:40 ID:K4c()
 比奈は下着姿のまま冷蔵庫を確認しますが、そこにあるのは栄養ドリンクの山ばかり。

「あちゃー……。こりゃコンビニっスかねぇ」

 比奈の家にはおよそ食べ物と呼べるようなものはありません。空腹を満たすには外に食べ物を探しに行く他ありません。

「……どうせすぐソコだし、上にコート羽織れば大丈夫っスよね」

 空腹が限界に近かった比奈は布団の側に落ちているジャージを拾いに行くよりも、一刻も早く空腹を満たす事を優先したのです。

 入り口にかけてあったコートを下着の上に羽織ってコンビニへと向かいました。

「いらっしゃーせー」

 比奈がコンビニに辿り着くとやる気のなさそうなバイトの声が出迎えてくれました。

(まぁこんな時間にお客なんて来て欲しくないもんっスよね)

 比奈はバイトの青年に同情しながらも自分の空白を満たすためにカップラーメンの棚へと向かいます。そこには多種多様、選り取り見取りのカップラーメン達。どれにしようか目移りしてしまいます。

「うぅー、カロリーとか考えるとカップラーメンはご法度っスよねぇ……」

 今は下着の上にコートの比奈ですが、これでも一応はアイドルです。スタイルとかも気にしなくてはなりません。そうなると必然的に気になってくるのはカロリーです。
4名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:42:02 ID:K4c()
「ま、たまには良いっスよねぇ〜」

 しかし、空腹が限界の比奈にはそんな事は関係ありません。お腹を満たす事が比奈にとっての最重要事項です。

 比奈は一番スタンダードなカップラーメンを一つ手に取り、お茶を選びに店の一番奥へと向かいます。

 せめてもの抵抗のために烏龍茶を手にして、レジへ行くために向きを変えた時です。雑誌の棚の一番端、成人向け雑誌の表紙が目に入りました。

(露出モノとはマニアックっスねぇ)

 雑誌の表紙には裸にコート一枚を羽織った女性が写っていたのです。雑誌の女性と目があったような気がして比奈は目を逸らします。

 そこではたと気づきました。今の自分の姿が雑誌の女性と大差無い事に。

(あっちゃー……。これじゃあアタシも露出狂みたいっスね)

 露出する人の気持ちはよくわからない比奈ですが、ズボラな人の気持ちはよくわかります。服を着る時間を惜しんだ比奈は露出趣味とは違います。

 比奈は自分がただのズボラだった事を再確認してレジへとカップラーメンと烏龍茶を持って会計へと向かいました。
5名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:42:22 ID:K4c()
 バイトの青年がレジを打っているのをぼーっと眺めていると、比奈は脚の辺りにバイトの青年の視線が向けられているのに気付きます。

(あはは……。アタシみたいな女の脚でも見ちゃうもんなんスね)

 見られている事に気が付いてしまうと、バイトの青年の視線から意識が離れません。

(見られるの慣れたつもりっスけど、ステージの上で見られるのとこうやって見られるのはやっぱ違うもんっスね)

 ステージの上でアイドルをやっている時の比奈に向けられる視線は、このバイトの青年が向けるものとは大きく違います。

 ファンが向ける視線とこのバイトの青年が向ける視線の違いはなんなのだろうと比奈は考え込みます。

「346円になりまーす」

 バイトの青年が比奈の脚から視線を外して、比奈にお金を要求します。

「あ、はい。えっと……350円でお願いしまス」

「350円お預かりしまーす。4円のお返しでーす」

「ありがとうございまス」

 比奈はお礼を言って、レジ袋に入れられたカップラーメンと烏龍茶を受け取ります。
6名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:42:46 ID:K4c()
 比奈がレジに背を向け、コンビニから出ようとした時です。

「っ……!」

 比奈は背中を足元から上へと舐めまわすような視線を感じました。

 きっとバイトの青年は意識しての事ではないのでしょう。ですが、今の比奈は見られると言う事に敏感になっています。

 ……それもそのはずです。何故なら今の比奈はコートの下は少しくたびれたベージュ色の下着だけ。先程見かけた成人向け雑誌のセクシー女優と大差ないからです。

(これ……。もしもあのバイトくんがアタシが下着だけしか着てないって気付いたら……)

 比奈はとある可能性について考えます。もしもバイトの青年が比奈の羽織っているコートの下には下着しか身に着けていない事に気付いたらどうするのでしょう。

 剥き出しになっていた脚だけでもあの舐めまわすような視線を向けられていたのに。

「ありがとうございましたー」

 バイトの青年のやる気のない言葉を背に受け、比奈は自動ドアをくぐります。
7名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:43:12 ID:K4c()
 外に出てコンビニの敷地から出た途端、比奈は大きく息を吐きました。

「ハァハァ……。すぅーはぁー……」

 早鐘のように鳴り響く自分の心臓を落ち着かせるために、深呼吸をひとつ。

 段々と落ち着いて来た比奈は一つの可能性に行き当たりました。

(アタシ……見られるの好きなのかもしれないっス……)

 比奈はあたりをキョロキョロと見回します。こんな深夜に誰か居るとも思いませんが念の為です。

 何故ならこれから比奈がやろうとしている事は、決して人に見られるわけにはいかないからです。

「……ハァハァ」

 まわりに誰もいない事を確認した比奈はコートの一番上のボタンを外します。ほんの少しだけ露わになった胸元に真冬の冷たい空気が流れ込みます。

 ですが得も言われぬ熱気に包まれた比奈にはその空気すらむしろ心地良いのです。
8名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:43:44 ID:K4c()
「誰も……居ないっスね」

 もう一度あたりを見回した比奈はコートのボタンをもう一つ外しました。

(これは熱いからであって見せたいわけじゃないっス)

 火照った身体を冷やすだけと、比奈は心の中で言い訳をしてまた一つまた一つとボタンを外していきます。

 一つボタンを外す度にくたびれたベージュの下着がはっきりと見えてきます。

 肩紐しか見えなかったはずのブラが、谷間と共にカップが、昔よりも引き締まったおヘソが、少し湿ったショーツが。

「っ……。くはぁっ……!」

 コートを全開にして比奈は歩きます。下着姿で頬を上気させて荒い息遣いで。

 もしも誰かが正面から歩いて来たら比奈のあられもない姿はまじまじと見られてしまうのでしょう。

「ふー……ふー……!」

 荒い息遣いのまま、コートを全開にした比奈は家路を急ぎます。

 こんな姿を誰かに見られでもしてしまったら比奈のアイドル生命は終わってしまうかもしれません。ですが、比奈はもう自分の欲望を隠す事は出来ませんでした。

 誰かに見られたい、いや見られたくない。

 そんな二律背反の意識の中、比奈は歩みを早めます。誰にも気付かれないように。
9名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:44:00 ID:K4c()
「ハァハァ……。や、ヤバかったっス……」

 自宅へとたどり着き、玄関に入った比奈はその場にヘタりこんでしまいました。

「んっ……」

 床の冷たさが今の火照った比奈の身体にはとても気持ちが良いです。

「あ、あはは……。ぐしょくしょっスね……」

 ショーツへと手を伸ばしてみると、今までで比奈が経験した事がないほどに比奈から分泌された液体で湿っていました。

(もうあんな事はヤメた方がいいっスね……。ハマっちゃいそうでスし)

 比奈はそう決心をすると、買ってきたカップラーメンにお湯を入れ、ほんの数分の大冒険の記憶を反芻しながら綺麗に平らげたのでした。
10名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:44:43 ID:K4c()
 また別のある寒い日の事です。

 翌日にオフを控えた比奈はいつかの日と同じように日付が変わったあともしばらく起きていました。

「あー、なんだか暑くなってきたっス」

 部屋には自分一人しか居ないのにも関わらず、比奈は誰に言い訳をするでもなく独り言ちます。

「だ、誰も見てないでスし、ちょっとくらい良いでスよね」

 比奈はそう言うと、着ていたジャージを脱ぎ始めました。いつも着ている緑色のジャージの上を脱いで、続いて下も脱ぎます。今日はあの日のようなくたびれたベージュの下着ではなく、ちょっと大人びた黒い下着姿です。

「……」

 ジャージを脱ぎ終わると、比奈は下着姿のままで窓に近寄ります。

 カーテンをちょっとだけ開けてみると、窓に光が反射して下着姿の比奈が窓に映し出されました。

「……っ!」

 窓に映るのは、普段あまり身に着ける事のない黒い下着をまとった自分です。比奈はそんな自分自身を見て、また得も言われぬ高揚感のようなものを感じてしまいました。
11名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:45:12 ID:K4c()
「アタシの裸ってこんな風に見えてるんスね」

 お風呂や着替えなど、生活していれば自分の裸を目にする事はあります。ですが、こんな風に自分の裸をまじまじと客観視する機会はそうそうありません。

「……あ、ヤバいっス」

 得も言われぬ高揚感を押さえつけようと必死になればなるほど、心臓は高鳴り、息遣いは荒く、そしてショーツの部分はひんやりと湿ってきました。

「ハァー……ハァ―……」

 ショーツの下に手を伸ばしたい気持ちをグッと堪えて、比奈はコートの方へ足を向けます。比奈はコートを手に取ると、あの日のように下着の上から羽織りました。

「眠れないだけっス。だからちょっと散歩に行くだけっス」

 幾度目かの、誰に向けたか知れない言い訳をして、比奈は玄関の扉を開けました。

 眠れない夜に祝福がある事を祈りながら。

End
12名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)23:46:16 ID:K4c()
以上です。リハビリがてら書きかけていたものを。あと比奈さんの練習。

では、お読み頂ければ幸いです
13名無しさん@おーぷん :2018/03/11(日)06:28:36 ID:0Wu
おつおつ、露出比奈はいいぞ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





荒木比奈「眠れない夜に祝福を」
CRITEO