- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

【モバマス】P「秋波に千鳥」

677.oQo7m9oqt :2017/09/17(日)15:52:42 ID:OWT()



 プロデューサーは若手ながら社内でも結構な期待株らしく、実際その手は早い。出会った次の日には宣材写真を撮ったし、その翌日からレッスンも始めてくれた。

 そして、沙理奈のデビューの算段を立てたのも早かった。

「初仕事、グラビアでいいですか」

 翌朝の事務所で、いつも通りの声、いつも通りの顔で、会って早々挨拶もそこそこにそう言われ、沙理奈は目をしばたたいた。

「初仕事。……アタシの?」

「そりゃそうでしょう」

 そりゃそうだった。

「いいけど……っていうか、望むところだけど」

 元々恵まれたプロポーションを活かそうとしてこの世界に入ったのだから、それを嫌がる理由がない。見られたがりが沙理奈の性だ。しかし、

「早くない? まだ入所してひと月ちょっとだけど、こんなもんなの?」

「早い方でしょうね」

「いいの?」

「何も悪いことはしていませんよ」

 いや、そうじゃなくて。
 内心で軽くツッコんだことを顔から読まれたのか、表情は一切崩さないまま「ああ、冗談です」とプロデューサーは言った。なんて分かりにくい。

「多少レッスンが足りていないかもしれませんが、松本さんなら大丈夫でしょう。会って翌日の宣材の撮影でも問題はなかったのですから」

 いわんや今は、ということらしい。
このレスの続きを表示(42件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【モバマス】P「秋波に千鳥」
CRITEO