- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

乃々・輝子「机の下のエキストラ」

12/brfqxLTx. :2017/09/07(木)17:47:36 ID:CVN
乃々「ここからは想像ですけど……。
   多分、二人はスマホでメッセージを送り合っていたのではないか、と」

輝子「え? 目の前にいるのに、か?」

乃々「はい、目の前にいるのに、です。
   口に出して伝えればいいことなのに、わざわざメッセージを送り合ってしなければいけないような会話……。
   きっと、カフェのような他の人がいる場所ではできないような話だと思います。
   まゆさんたちともりくぼ以外にも、お客さんはいましたから」


そして、もりくぼにはお客さんたちがお話する声は普通に聞こえていました。
きっとまゆさんたちにも聞こえていたでしょう。
そのなかで、二人無言で、秘密のお話をしている……。どんな気分なんでしょうか。


輝子「ど、どんな話をしてたんだろう……?」

乃々「そ、それはもちろん……」
このレスの続きを表示(9件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





乃々・輝子「机の下のエキストラ」
CRITEO